ミノキシジル 発毛効果

なぜハゲてしまうのか?まずハゲのメカニズムについて解説します。

ミノキシジル,発毛効果

どうして人間の髪の毛は老いとともに抜けていってしまうのでしょうか?

 

悲しいですよね〜!

 

さて、ここで一つ問題を出しましょう。

 

なぜ、地球上の砂漠地帯には草木が生えていないのでしょうか?

 

答えは簡単ですよね?

 

そうです。

 

雨が降らないからです。

 

草木が生い茂っていくのに必要なのは「水」です。

 

では、髪の毛が生えるために必要な要素は何でしょう?

 

髪の毛は何を栄養として生い茂っていくでしょうか?

 

答えは「血液」です。

 

つまり、頭皮という大地の地下水脈である毛細血管。

 

そして毛細血管からの安定的な血液(養分)供給が、私たちの発毛を促進しているということができます。


毛根にある毛母細胞。これが唯一の発毛再生工場

ミノキシジル,発毛効果

頭皮の奥深くに根差す血管の網。

 

この血管の網から養分を吸い出して、毛髪の素を作り出す工場。

 

それが毛母細胞です。

 

毛母細胞は毛根に栄養を送り出し、毛髪の成長を助けます。

 

つまり、この毛母細胞の運転上、最も重要なのは血液。
文字通り工場ラインの大動脈ということになります。

 

では、なぜ私たちの毛髪が痩せ細って、抜けていってしまうかというと、血流が悪くなって新鮮で酸素に溢れた血液が供給されなくなってしまうからなんです!

 


発毛再生工場で必要なのは新鮮な血液

ミノキシジル,発毛効果

発毛再生工場でとても重要な役割を担う血液。

 

もし、この血液がドロドロで血管の内壁がぶよぶよだったらどうなるでしょう?

 

新鮮な血液の流れが滞り、毛母細胞は活性化せず、毛根がどんどんやせ細っていってしまうのです。

 

新鮮な血液を循環させるために一番重要なこと。

 

それが誰しもが多かれ少なかれ保有している「血栓」を溶かすこと。

 

血栓とは簡単に言うと血の塊。

 

古くなった血管に突起や隆起が出来てくると、血の流れが悪くなり、徐々にその箇所に血の塊ができてきて、それが大きくなると血管の「詰り」を引き起こします。

 

これが体の老化を加速させる一番の原因と言われています。

 

視力低下、生殖機能減退、肌のシワやくすみ、筋肉の衰え。

 

これらすべての症状は血管の詰りによって新鮮な血液が供給されないことから生じる、と言われています。

 

特に、この血管の詰りとドロドロ血液がもたらす問題が「高血圧」。

 

高血圧とは、血栓や血管の老化に伴う収縮によって、血流が滞っている状態です。

 

この高血圧の状態を解消する経口薬として注目されていたのが「ミノキシジル」です。


ミノキシジルは高血圧患者の治療にも使われる血栓予防剤

ミノキシジルとは?


1960年代に現ファイザー製薬であるアップジョン社が製造し、高血圧用の飲み薬として販売されてきました。
その後、頭皮に塗布することで発毛・育毛に効果がある事が確認されたことから、
2%のミノキシジルを含んだ外用溶液「ロゲイン」を販売開始しました。

 

ミノキシジルの効果について

毛成長のメカニズムについて詳細は分かっていませんが、

毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化を促進するとの報告が学会で挙がっています。

 

実際に医療用として使われていたミノキシジルですが、実際に毛髪にも影響を与えることから現在では、育毛剤・発毛剤としての立場の方が脚光を浴びています。

 

ミノキシジル配合の育毛剤には国内外でも色々あります。

 

また、症例としても、ミノキシジルを塗布した頭皮からたくさんの細かい毛が生え始め、早い人だと2か月でフサフサの状態まで回復したというものまで報告されています。

 

詳細は下記URLにて紹介されていますので、是非参考になさってみてください。

 

>>今すぐミノキシジル配合の育毛剤、発毛促進剤の紹介サイトを確認する

リンク集|123


inserted by FC2 system